1. HOME
  2. お悩みからソリューションを探す
  3. 過去に作成した印刷物をデータ配信したい

過去に作成した印刷物をデータ配信したい

印刷物として作成したものを、WEBに掲載したい、あるいはメール添付などで送りたい、という要望が増えています。
そうした作成物のなかに第三者のコンテンツを転載していた場合、改めての作業になるのでしょうか?

利用許諾は個々の権利者と利用者との間で結ぶライセンス契約の一種ですから、一旦契約した内容と利用の態様が変わっている以上、権利者に伝えて承諾を得る必要があります。
そうでなければ、無断利用というクレームを受ける可能性があります。

印刷版から電子へだけでなく、部数の増刷や、改訂版の発行、も同じです。コンテンツを公開していたサイトの別のものに変える、などもあります。

通常、許諾のライセンス契約は、ワンタイムでの許諾(その時に申請した内容についてのみの許諾)が一般的ですから、当初の許諾の際に含まれていなければ、改めて追加で取り直す必要があるのです。その意味でも、どういう権利の許諾を取るのか、ということを意識しておく必要があります。

そして、残念ながら権利者に改めて申請した結果、ほとんどの場合は、改めてチャージされます。

さらに、海外の権利者は日本の著作権に沿ってライセンスの設定をしているわけではないので、どういう申請の仕方をするかは、迷うケースが多いのも確かです。とくに近年、WEBによる申請システムが増えてきて、システム上の選択肢で何を選ぶか、大変やりにくくなっています。弊社では主要な出版社とは個別に申請方法を確認するなどして、より適切な許諾を取得するように努めています。

ナレッジワイヤでは、丁寧な説明で許諾を取る必要性やリスクを説明いたします。

単に申請して費用を払っておけばよい、というだけで、必要とする権利が解決していなければ、
何の意味もありません。ご注意ください。

転載許諾に関するQ&Aや弊社サービス概要がDLできます

資料ダウンロードはこちら

お電話でも可能です。お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら