HOME > 転載許諾Q&A > 転載許諾処理を依頼するには?

転載許諾処理を依頼するには?

Q13.転載許諾処理を依頼するには?

A13.

弊社に転載許諾処理をご依頼されるに当たっては、次の資料をそろえていただく必要があります。

(1)制作物の見本。最終原稿でなくても構いません。どのように転載利用されるのかが分かることが必要です。また出版社に制作物を提示して申請しますので、出典の記載をしておくことをお勧めします。

(2)出典元の資料。論文のコピーなどです。該当箇所だけでなく、論文なら全文、単行書の場合は表紙と奥付、編著の場合はその部分を誰が執筆したかわかるような目次などが必要です。

(3)弊社の申請依頼フォーム(発注書)。弊社のフォームにご記入いただくことで、出版社などへの申請の際に必要となる情報はほぼ網羅されます。「ここからダウンロード」してください。フォームは汎用的なものなので、必ずしもすべての場合に記入できるとは限りません。またご依頼の多い医薬関係の販促制作物を念頭に置いています。ご了承ください。

 

とりあえず、どのぐらいの費用が掛かるのかを聞いてみたい、ということであれば、(A)出典資料名、(B)そこから転載する図表などの数、(C)制作物の部数、あるいはWEBやスライドなどでは閲覧者数がわかれば、概算費用や利用条件などを過去の事例にそって無料でお答えします。

 

転載許諾処理をスムーズに行うためのポイントをまとめた資料があります。より詳しく手順を知りたい方は「こちらからダウンロード」してください。

掲載内容は、あくまでも当社よび協力会社、または当社代表者、伊藤勝の個人的な見解です。個々の事案についての判断の参考にお留めください。また、内容についても、執筆当時の状況におけるものであることをご了解ください。
万一、ブログの内容の利用により、何らかの損害が発生しても、当社および協力会社、ブログ筆者は一切の責任を負いません。