HOME > 転載許諾Q&A > 学会発表データの利用は可能ですか?

学会発表データの利用は可能ですか?

Q5.学会発表データの利用は可能ですか?

A5.

可能な場合と駄目な場合があります。ポスターセッションであれ、口頭発表であれ、まずは発表者に連絡することをお勧めします。そのデータを使って論文化を予定されている場合、学会発表は認められていても、その他のメディアでの公開は、雑誌によっては「初出ではない」と言う理由、または「二重投稿である」という理由によって制限がかかる場合があり、無断で利用すると発表者に迷惑がかかる可能性があります。当社でも著者からのそのような理由によって利用が許可されなかったことは何度かあります。

発表者によっては学会の許可を取れとおっしゃるかもしれません。その場合は学会に尋ねることになります。一般的に学会発表段階の内容については、学会はその二次利用について関与していないことがほとんどと思いますが、学会次第であろうと思います。発表内容が学会雑誌や、Proceedingsに掲載されている場合などは、そちらへ連絡する必要があります。

学会に連絡して、学会誌を出している出版社へ行け、と言われることもあります。ところが出版社が発行している学会の抄録集などをあたっても、図表等は出てきません。出てこなければその出版社へは「利用許可」を申請することができないため、やはり著者に対して許可をとらねばなりません。

掲載内容は、あくまでも当社よび協力会社、または当社代表者、伊藤勝の個人的な見解です。個々の事案についての判断の参考にお留めください。また、内容についても、執筆当時の状況におけるものであることをご了解ください。
万一、ブログの内容の利用により、何らかの損害が発生しても、当社および協力会社、ブログ筆者は一切の責任を負いません。