HOME > 著作権の基礎 > 適法な「引用」とは

適法な「引用」とは

一般に第三者の文章や図表などを利用する事を「引用」と言われますが、著作権法上では「引用」とは以下のように書かれています。

「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」
(著作権法第32条)