HOME>CAR-T療法として、日本でも臨床試験が進んでいるアキシカブタジン シロルーセル(Axicabtagene Ciloleucel)の論文がJAMA Network Open誌に掲載
 

高額医療という点でも注目を浴びているCAR-T療法だが、Axicabtagene CiloleucelのSUMA-1トライアルデータの解析による、従来の化学療法との費用対効果と長期生存を検討した論文がJAMA Network Open誌に掲載。

Long-term Survival and Cost-effectiveness Associated With Axicabtagene Ciloleucel vs Chemotherapy for Treatment of B-Cell Lymphoma.
Whittington MD, McQueen RB, Ollendorf DA, et al. JAMA Netw Open.2019;2(2):e190035. doi:10.1001/jamanetworkopen.2019.0035

 

コマーシャルリプリントは100部よりお取り扱いしております。

お問い合わせはservice@kwire.co.jpまで。