HOME>米国頭痛学会(AHS)偏頭痛の予防的治療と急性期治療に関する合意声明を発表
 

米国頭痛学会(AHS)は、最近の新薬登場と医療技術の進展を受けて、成人の偏頭痛の予防的治療と急性期治療に関する合意声明を発表した。

偏頭痛治療においては、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)を標的とする新しいタイプの薬剤が登場している。 AHSは、今回の声明作成にあたって、偏頭痛の予防的治療と急性期治療に関する既存の治療ガイドラインや原則のほか、同適応における最近の新薬および医療機器の臨床試験結果をレビューした。

同声明文は、12月10日付で医学雑誌『Headache』に掲載された。

 

 *医学雑誌に掲載された合意声明へのリンク

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/head.13456

 *AHSのニュースリリースへのリンク

https://americanheadachesociety.org/news/ahs-launches-position-statement-integrating-new-migraine-treatments-into-clinical-practice/

 

<Health Beat提供:2019年1月28日>